株式会社 佐久間旅館

国の登録文化財で味わう川越の懐石料理・会席料理「割烹 佐久間」

島崎藤村先生について

島崎藤村先生について

割烹 佐久間 HOME >  佐久間の歴史と紹介  > 島崎藤村先生について
  • 島崎藤村先生

    島崎藤村先生


    島崎藤村先生には、原稿執筆のため、度々当館へお泊まりいただきました。
    先生の二度目の妻として、文豪の後半生を支えた静子夫人のご実家が、当時川越にあったこともあり、何かとお付き合いをさせていただきました。

    今ここに、先生との思い出を集めてみました。


    左:館主(初代) 佐久間 次郎
    中:島崎 藤村
    右:加藤 大一郎(静子夫人の長兄・医師)

  • 鮎漁のお写真

    鮎漁のお写真

  • 魚拓

    魚拓

  • 作家 山口 瞳先生作の水彩画

    島崎鶏二画

島崎藤村先生が、昭和11年6月、堀口大学、 勝本清一郎らと当館にお泊まりになり、「よしきり」の声が聞きたいと近くの荒川上流の伊草に鮎漁をかねてお出かけになった折、魚拓をとって書かれました。
魚拓には「アルセンチンに使する前 諸君と共に伊草に遊ひて 藤村」と書かれており、この後アルゼンチンでの世界ペンクラブ大会に、日本ペンクラブ会長として出席されました。

島崎藤村先生の次男 鶏二画伯の色紙。当館で出征祝賀会の折 頂いたものです。